生産者とパッションの特徴

生産者とパッションの特徴

與那覇さんのパッションフルーツ

当店で扱っているパッションフルーツの生産者は宮古島で長年パッションフルーツを作り続けている與那覇さんです。 宮古島に戻る前は、沖縄本島でも栽培をしており、パッションフルーツについてはもうベテランです。

與那覇さんがつくるパッションフルーツの特徴はとにかく甘いということ。

宮古島の紫玉パッションは基本的に甘いのですが、最初に與那覇さんのパッションを食べたときには私自身、 その甘さに驚いたほどです。

上の写真は最初に與那覇さんの自宅でパッションフルーツを食べた時の私の子供ですが、 遠慮を知らない子供は出されたパッションフルーツをほとんど一人で食べてしまいました。

與那覇さんは、パッションフルーツの実に袋をかけて育てます。その主理由は2つあり、 ひとつは葉がこすれて実が傷つくのを防止するため、もうひとつは完熟して落下した実が地面に落ちないためです。

受粉作業はパッションフルーツの中味ぎっしり詰まるよう毎日手作業で行っており、 開花のピーク時期には花の咲く昼頃から晩まで受粉作業におわれる日もあります。

↑ PAGE TOP